ブログ チムニーの商品情報やイベントの様子などを紹介しています

ライス社「バイオニックファイア」

先日、ダッチウエストジャパン㈱様の新製品発表会に招待していただき参加してきました。
興味深い商品がありましたので、ご紹介させていただきます。

RAIS ”Bionic Fire″
ライス社 「バイオニックファイア」

s_2016.02.01PRINT_Bionic Fire

夢のような環境性能をもった”クリーン″な薪ストーブ。
測定しうる粒子物質の排出量がほぼ「ゼロ」という驚くべき試験結果に加え、
燃焼効率でも高い記録をマークしています。
ハイテクでシンプルでエコ。
最新のテクノロジーとアイデアが結びついて生まれたストーブです。

バイオニックファイアの最大の特徴は、上下に分かれた二つの燃焼室。
上の燃焼室で着火した炎は、一定の温度に達すると煙が自動で下へと経路を変え、
下の燃焼室で二次燃焼が始まります。
上ではゆらめく炎、下では激しく燃える炎は感動的な美しさです。
バイオニックファイアは、自動で給気量を調節してくれる「クレバーエア」を採用しており、簡単にお使いいただけます。
(ダッチウエストジャパン(株)様ホームページより引用)

s_2016.02.01Bionic Fire_Render_01s_2016.02.01Bionic Fire_Render_02

メインの燃焼室は上です。
まず上の燃焼室で薪を焚いて十分に温めます。
温度が十分に上がれば、空気の流れを変えて、下の燃焼室へ排気するようにします。
十分に熱せられた燃焼室に、高温の排気ガスが入ることによって、排気ガスは再び燃焼し、
薪から出た煙(排気ガス)はほぼ燃やし尽くされます。 
すると、煙突から出る煙はほぼ「ゼロ」になるという仕組みです。 
しかも、タイマーを使えば、排気ガスの経路変更を自動で行う事ができます。

一次燃焼の炎が見られるのが上の燃焼室。
二次燃焼の炎が見られるのが下の燃焼室。
煙がクリーンであるだけでなく、二種類の炎を上下で見られるという興味深い薪ストーブです。
まだチムニーでは実演機が設置されていませんが、是非展示してみたいと考えております。 
ご興味のある方はカタログをお送りさせていただきますので、㈱チムニーまでご連絡下さいませ! 
TEL059-391-0630 info@chimney.jp

投稿日時:2016年02月01日 3時42分25秒

ドイツ製 薪クッション 「メロウウィングス」

昨年の秋から弊社でもお取扱いをさせていただいている、
ドイツ製の薪クッション「メロウウィングス」をご紹介させていただきます。
このクッション、お子さま達に大人気なんです。
先日も、男の子2人がせっせとテラスにクッションを運び出し、「バス」を作って遊んでいました。
絶妙なバランスです。

201601251

たかが暖房機、されど暖房道具。 
たかがクッション、されど薪クッション。

薪ストーブがお休みの夏の間のインテリアとして、いかがでしょうか?

201601252

投稿日時:2016年01月25日 3時26分44秒