ブログ チムニーの商品情報やイベントの様子などを紹介しています

薪棚を新調しました!

ここ数日、お天気が不安定になり、明日からはしばらく秋雨。
雨と同時に一気に秋の気配が濃くなりそうですね

チムニーでは夏に建替えが完了し、新たなショールームでこれから初めてのシーズンを迎えます。
煙突も実演機も増え、これからは薪の消費量も増えそうです。

そこで、北ショールームと南ショールームを結ぶ渡り廊下の左右に、薪棚を新調しました。
選んだのは、ファイヤーサイドの「2×4ログラック スタンダード」 ¥14,300(税別)です。
薪棚1

スペースが広くても狭くても、置きたい場所に合わせてサイズが自由に変えられるスグレもの。
薪を支える木材は、市販の2×4材を利用し、設置幅に合わせてカット。
さらに高さを変えられるスライドタイプ ¥16,500(税別)もあります。

今回は、長さ1820mmの2×4材を長さそのままカットせずに使用しました。
ホームセンターさんでの2×4材のお値段は1本あたり約300円でした。
希望の長さが決まっている時には、木材をカットしてくれるお店で購入すれば、とても楽ですね。
もっと長い木材を使用する場合には、薪の仕切りや補強に役立つオプション品のバーを間に追加すれば、
更に使いやすく安全に設置する事が出来ます。
また、屋根止め金具が付属されていますので、雨よけの屋根を設置する事もできます。
S1439_YFW-70wS422_Y01_02w
説明書には、長持ちさせるために、2×4材には防腐処理を施すことをお薦めしますと記載されています。
経年劣化で2×4材が傷んできた時には、また新しい2×4材で組み立て直す事もできますし、
ラックの置く場所を変えたい時には、新しい設置場所に合わせた長さの2×4材で組み直す事もできます。

チムニーの薪棚は、2×4材を深青色に塗装してみました。
本当は別の色が良かったのですが、、、。
今回はショールーム建築の際に余った塗料を使用しました。
薪棚2
組み立て方はとても簡単です。
付属のビス16本で固定するだけです。
木材が硬い場合は、先に下穴を開けてからビスで固定する事をお薦めいたします。

完成してから、軽トラ平積み1杯分の40㎝の薪を入れてみました。
スタンダードタイプ(H1200mm)で約1820mmの2×4材を使用すると、ほぼちょうどの量です。
約0.87㎥ですね。これ以上高く積むのは危ないので、もっとたくさんの薪を入れたい場合には、
スライドタイプ(H1700mm)にするか、もっと長い2×4材を使用して仕切り材を使用する
事をお薦めいたします。

薪棚に薪がぎっしり入っていると、冬が待ち遠しくなります!

投稿日時:2017年10月12日 13時39分51秒

キンドリングクラッカー キング発売予定

より大きな薪を より強力に より割りやすく!

焚き付けづくりに旋風を巻き起こしたキンドリングクラッカー。
その発売から1年。刃長5㎝、高さが12㎝大きくなり、さらにパワーアップした
「キング」が6月下旬頃から発売開始予定となっております。

長さ60㎝、太さ18㎝までの薪に対応するため、太薪からの焚き付けづくりに最適。
中型~大型機種向けの焚き付けづくりに活躍します。

KC KING1
キングの本体には、美しく繊細な模様が描かれています。
ニュージーランド出身の映像クリエーター「リチャード・テイラー」率いる
Weta Workshopへのデザイン依頼が実現。
映画「ロード・オブ・ザ・リング」「ホビット」「アバター」などの人物、衣装、小道具の
アートワークを手がけ、アカデミーメイクアップ賞、視覚効果賞、衣装デザイン賞を受賞しています。
バイキングやケルト、ニュージーランドの伝統からインスピレーションを得たデザインで、
特にレッグ部は地球と繋がるイメージで木の根を表現。
母なる大地にしっかりと根を張っています。     ~ファイヤーサイド㈱様アドバイザーより抜粋~

チムニーでは、毎年、多くのメンテナンスのご依頼を頂き、作業をさせていただいております。
その中で、「焚き付け」の重要性について、日々実感しております。

乾燥薪を用意しておくのと同じくらい、「焚き付け」をご用意下さいませ。
もう10数年来の薪ストーブユーザー様でも、チムニーにご来店いただき、チムニースタッフの
着火方法を見て、「エッ。最初にそんなにたくさんの焚き付けを使うの?」と驚かれる
場合がございます。

少ない薪の量で短時間に着火できるのが、薪ストーブのプロ!! 
そんな風潮がある??のかもしれません。

しかししかし!!
たっぷりの焚き付けを燃やして、適切な空気量で全体に炎を走らせると
、着火時の煙の量が少なくて済みます。
煙の量が少ないという事は、煙突内への付着物が軽減されます。
すると、メンテナンスも軽減されます。煙突の寿命も延びます。
着火がうまくいき、早く薪ストーブ内の温度が安定します。
薪の消費が安定します。
いい事づくめです。

焚き付けが少ないと、着火が難しくなります。
太い薪に、いきなり火を移らせるのは難しいです。
すると、煙が燻ります。
煙突からモクモクとした匂いのきつい煙が出ます。
煙突内に大量の煤が付着します。
メンテナンスが大変になります。
なかなか炉内の温度が上がりません。
温度を上げるために、余分に薪を燃やすことになります。

焚き付けについては、また別の機会で、きちんと作り方や使用する量などを、
お伝えできればと思っております。

ここ一年は、焚き付け作りには、斧ではなくキンドリングクラッカー愛用者でした。
特に女性にとっては、今までの斧を使った焚き付け作りよりも、
キンドリングクラッカーを使用した方が、筋肉痛も減り、楽しく割ることができます。

キンドリングクラッカーキング。
早く試してみたいです!!!

※ブログでは、主にチムニーのイベント案内やチムニーショールームについて。
または、新商品等についてご紹介させていただいております。
施工部門の近況、薪ストーブの煙突工事や本体設置工事につきましては、
チムニーFacebookにてご案内しております。

是非、Facebookをご覧下さいませ。

Facebook ←クリックお待ちしております!

投稿日時:2017年06月10日 14時05分13秒